子猫のブログ

子猫の日々、興味を持ったこと

仕事をバックレた経験 2回目 スーパー

広告

先日書いた運送会社をバックレたあとのことです。

子猫はなんとかお金を稼がなければいけないと思ってあるスーパーで働き始めました。

最初に入ったシフトでは早朝の品出しをやりました。

ちょうど12月頃でした。

 

早朝のスーパーってめちゃくちゃ寒いんです。

制服はブラウスとエプロン、三角巾です。

f:id:konekonoburogu:20170908071723p:plain

こんな感じかな。

品出しに慣れたらカード勧誘とかレジなど入る予定でした。

ところがここも5日でバックレてしまいました。

 

理由は寒すぎて体調が悪くなってしまったからです。

あと、普段は自分で買おうと思ったこともない商品を店をうろうろしながら補充していく仕事が予想外に辛かったんです。

迷子感が半端なかったです。

店長さんも優しかったし、マネージャーもいい人だったのに・・・。

 

たった5日で

寒すぎるのでもうできません。今日で辞めます

ってマネージャーに言って帰りました。

 

そのスーパーはお歳暮などのノルマもなかったし、良心的な良い所だったと思うのですが。

 

多分、前の運送会社で虐められたショックから立ち直っていなかったんだと思います。

この頃の子猫は色々、頭がおかしかったです。

店内はピカピカ明るくて綺麗なのに(早朝は電気があまりついていなくて薄暗いです)バックヤードに入ると汚くて真っ暗だということにもなぜかショックを受けました。

そんなのどこでも当たり前のことなのに。

そして着替えたり休憩したりする部屋がまた寒くて汚い。

 

そして、そして!

同僚の小太りでのそのそした女がいたのですがソイツがクサイ!

 

柔軟剤の香りをプンプンさせていてソイツが来たら匂いで分かりました。

おえーっ!

 

小太り女があまりにくさいので近くに行く時は息を止めていました。

 

どうしてこんな些細な事がやめる原因になるのか。

あの時は子猫、頭がどうかしていました。

 

 

たった5日でいろんな人の期待を裏切ってバックレたことに自己嫌悪で

子猫は社会に出ると人に迷惑をかけてしまう、っていう気持ちから

しばらく引きこもってしまいました。

 

それからある日、友達が

「仕事の面接に行きたいんだけど付いて来て」

って言ってきます。

面接に付いて来て?

何、甘えた事、言ってるの?

高校生じゃあるまいし?

でも子猫、暇だったのでついていきました。

そして、友達は「やっぱり自信がない」

と言って断り、子猫が雇われました。