子猫のブログ

子猫の日々、興味を持ったこと

糖質制限と炎症

広告

先日 メイク系YouTuber だっぺの民の村長 ゆっきーさんのツイキャスを聴いていました。

ゆっきーさんはアトピーで、かつ小さい頃に負った火傷がアザになり右目の外側に残っています。

しかし中学生から始めたメイクに研究を重ねて現在ではアトピーの赤味もアザも上手に隠せてしまっています。

 

だっぺの民の村長 ゆっきーさんは動画でしか見たことのない子猫からすると美肌で毛穴レス。

アトピーの方って乾燥肌で皮脂も出ないからニキビなんかできないのかなーと思っていました。

 

ゆっきーさんにコメントでお尋ねしてみました。

「アトピーの人はニキビ できないんですか?」

 

ゆっきーさんの答えは意外なものでした。

「アトピーの人はメチャメチャニキビできる確率、高いと思うよ」

えっ?

ゆっきーさんにニキビできてるところ見たことないんだけど!

と子猫は驚きました。

じゃーなんでさー!

ゆっきーさんにニキビできてないのは!

保湿しまくってるから?

と思いながらお話を聞いているとその秘訣が明かされました!

 

「村長、甘いもの 全く食べないから!(バレンタインの?)チョコとか量を決めて食べることもあるけど普段 全く間食っていうものをしないの。

3食ご飯、しっかり食べて あとはなんにも食べない。」

 

ああ、なるほど...。

お菓子を食べるとお肌に変化を感じるのだそうです。

ほんのわずかな変化で本人も気づかない事が多いのではないかというくらいのかすかな変化(悪化)だそうです。

 

ゆっきーさんはとってもストイックな方です。

アトピーを悪化させるなら「もうお菓子は一切食べない!」って決心してその日から実行できてしまう根性をお持ちなんですね!

ゆっきーさん流石ー!惚れ直したわー!

ゆっきーさん曰く

「果物とお菓子の甘さは全く別のもの。

果物にはビタミンとか色々入ってっけどお菓子には入ってない。自然な甘さとは違うの。」

果物は多少、食べるということか...。

この点で子猫はゆっきーさんとはちょっと違う意見を今のところ持っています。

 

それは置いといて、「和菓子だから食べても大丈夫!」っていう「言い訳」をしながらついつい食べてしまう女子たちにゆっきーさんは仰いました。

「和菓子って言ったって砂糖はしっかり入ってるよ? 」

バターが入っていないからカロリーが意外と少なくて和菓子はヘルシー、ダイエットしてるなら和菓子がピッタリという言葉を幾度となく聞いたことがありますが砂糖はしっかり入っています。

 

砂糖が血糖値を上げ、炎症を起こし、ニキビができやすくなる。

 

甲状腺眼症は何かの理由で(子猫がよく理解できなかったという意味です)目の筋肉が炎症を起こし肥厚します。

それで眼窩に収まりきれなくなった眼球を前に押す出し出すので目が出たり両眼の焦点が合わなくなり両眼複視になります。

 

目の筋肉が炎症を起こすのはなぜか...。

 

砂糖を摂ると体が炎症を起こしやすくなるらしい。

砂糖が原因か?

わからないけど砂糖を断つくらいどうってことないよね。

病気が治ることを考えれば!

 

そう思って子猫は今回の入院治療を効果的にするために砂糖やご飯、パンなど血糖値を上げそうなものを食べないことにしました。

 

毎日、野菜と果物を食べまくってヘルシーな食事をしているつもりでした。


これが1月下旬のことでした。


2月 入院中にゆっきーさんのツイキャスを聴き砂糖を絶っててよかった という気持ちを新たにしました。

 

さて1月下旬に戻りますが、ある日、情報を漁っていると鉄が重要だと言う人を見つけ、子猫は肉とサプリに走る事になっていきます。