子猫のブログ

子猫の日々、興味を持ったこと

肉食と便秘 

広告

糖質制限し、肉食になって1か月半ほど経ちました。

感じた体調の変化を書いてみます。

まず手荒れが治りました。

皮膚の原料に脂が練りこまれたような、水に対するバリアができたような感じです。

今まで食器洗いをすると手の皮が剥けて水疱ができるので必ずゴム手袋をはめて洗っていたのですが炭水化物と甘い物を食べなくなってから皮膚が変化してきたのを感じたので思い切って素手で食器洗いをしてみました。

肉の脂が付いているのでけっこう洗剤もたくさん使ってお湯で洗いましたが手がかゆくなることもなく大丈夫でした。

また化粧しなくても顔色がよくなってきました。

肌つやはよくなりましたが脂をたくさん食べるからと言って顔が脂ギッシュになるというわけでもなく普通です。

唇の色が口紅なしでも色が出るようになりました。

夜、暑くて寝れない時が時々あります。

夫は糖質制限していなくていつものご飯を食べています。

肉をたくさん出していますが刺身、野菜サラダ、納豆、甘いデザート、ごはんも好んで食べています。

夫も暑がりになり、夜「窓開けて寝よう」と言ったりします。

夫はもともと肉や魚が一番好きでお腹に余裕があれば野菜も渋々食べる人でしたので「ベジファースト」をうるさく言われなくなって喜んでいるかもしれません。

肉を食べる量が増えたせいか代謝が上がり暑がりになったのかもしれません。

 

夫もお腹周りがすこしすっきりしたみたいです。

代謝がよくなったのでしょうか。

昨日は赤飯のおすそ分けをいただいてしまい、あまりにおいしそうだったので私も一口食べてしまいました。

そのあと目が乾燥して、暖房を切っても乾燥感がおさまらず、目を開けていられないので早く寝てしまいました。

もしかして血糖値とドライアイも関係あるのかなー。

 

野菜を食べなくて、お通じはどうなのかと気になる方もいらっしゃると思います。

バターを食べるようにしているせいかお通じは順調です。

汚い話で申し訳ないのですがバナナのようなりっぱなうんちではなく爬虫類の糞のような感じです。


アゴ吉のティンコ♡※ウンコ注意